龍を抱っこして

0

    JUGEMテーマ:水引工芸

     

     白龍のてのひらが 指を伸ばして 風をつかみ 雲をつかみ始めました。

     

     日に日に 龍になってゆく 六尺水引の 流れは

     

     たくさんの視線を集めてくるもので、

     

     今日も幾人もの小さなお客様たちが 「りゅうだぁ!!!」と歓声を上げていらしてくださり

     

     皆々様は水引細工の龍を抱っこして 一緒に写真なども撮影されて楽しんでおられました。

     

     水引細工の龍は 「かわいいりゅう」でありますから、

     

     そういう楽しみ方は歓迎であります。

     

     明日は 龍の爪先と踵に取り掛かる見通しであります。

     

     


    てのひらからひがでる

    0

      JUGEMテーマ:水引工芸

       

       龍を結ぶ日々 ひと月半が過ぎて

       

       手のひらから火が噴き出そうであります。

       

       遠目から見ても 龍を作っているということがわかるような段階に入り、

       

       お客様からの 様々な声援!?!が飛んでくるようになり

       

       いよいよ 集中と 緊張のピークに突入

       

       納期様という 高く険しい壁峰の巨大な影が 目前に出現し

       

       恐怖と快感の 制作天国 制作極楽・・・・

       

       さてはて 令和元年の龍の結び初めは どんな飛翔となるのやら

       

       


      篝火!!!

      0

        JUGEMテーマ:家紋

         

         篝火紋! 本当に あの「篝火」!

         

         源氏香図の 篝火と 遭遇しました・・・

         

         なんと不思議なことでありましょう

         

         制作の機会に恵まれたことに 感謝であります。

         

         日本は まだまだ深く 家紋はますます深いと

         

         水心感動しております。

         

         


        三谷歌舞伎 中日 

        0

          JUGEMテーマ:歌舞伎

          JUGEMテーマ:水引工芸

           

           故郷への帰還を祈り願う一行の 長い長い旅路の 折り返しでもあります。

           

           幸四郎さんの大黒屋光太夫は 本当に切実で誠実で 明るく勇敢で

           

           源太郎先生の作品全体にある 特異な明るさが

           

           歌舞伎になっても 当たり前のように 強く 存在することが 

           

           原作愛読者である 水心にとって さいわいなところであります。

           

           庄三 新蔵 磯吉 小市

           

           役者さんの個性にあてて 原作とは違う様式での表現で

           

           原作が伝えていた 内容 必然を 表現していて

           

           三谷先生の 表現力を 感じました。

           

           あわよくば もう一度見たくはありますが

           

           欲を言えば 高野長英編が観たいとか

           

           継続的に シリーズ化してほしいとか 本当に欲が出てしまう・・・・

           

           

           


          花菖蒲

          0

             本日は 明治神宮様に 花菖蒲を観てまいりました。

             

             久々の 明治神宮様は すばらしく 日本的で

             

             久々に 土のにおいと 水のにおいと 草木のにおいを チャージしてまいりました。

             

             きっといい細工ができると思います。

             

             明日からまた 結びまくります。

             

             


            | 1/751PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM