一幕観 河内山

0

    JUGEMテーマ:歌舞伎

     

     河内山 幕観してまいりました。

     

     河内山宗俊という人物のありさまが

     

     質屋の店先でのやり取りの芝居でじわじわと伝わってきて

     

     出雲守の屋敷の場面の芝居で 家中に渦巻く不穏な情勢が見え隠れし

     

     宗俊扮する東叡山のおつかい僧がやってきたことで状況が一変しと

     

     一連の流れが 折り目正しくかつさくさくと進み

     

     いよいよ大播磨演じる宗俊の見せ場・・・・

     

     宗俊の目的は 質屋の娘を取り返すことで得られる二百両のお金であって、

     

     正義や 道理というわけでもないこともあって

     

     家中のあれこれをバッサリと脇にやって

     

     お殿様を相手にストレートに目的を達成すべく行動開始で、

     

     殿様をやり込めるにも 直球勝負な やりかたで、

     

     最短コースを突っ切って 目的達成の条件を固めてしまうさまが

     

     プロのゆすりなのか プロの官僚なのか それとも その両方?

     

     おそらくはその両方な存在が宗俊なのだなぁと感心しきり

     

     目的達成が見えてからは 少し優柔不断で、

     

     はやくその場から立ち去りたい様子も見せつつ

     

     「山吹色の・・・」と 言ってみたりと・・・

     

     時計の音が響いた瞬間からのあたふたにあらわれる

     

     完全アウェイであることを認識しつつの 刃の上を歩く仕事ぶりが面白く

     

     ことが露見してからの居直りの場面は 本当に傑作な景色で、

     

     宗俊は どうあっても 勝 な条件をもっていて それを皆が理解しているがために

     

     ほぼ全員が 「共犯者」になって 嘘を誠にすり替えるために一致団結!!

     

     最初出てきたときには 一番悪そうでずるそうに見えた人が 一番普通な人な振る舞いという

     

     まぁ 河竹黙阿弥という劇作家の素晴らしさを 改めて実感し

     

     吉右衛門さんの役者としての素晴らしさを 楽しむことが出来た 素晴らしい舞台でありました。

     

     米吉さんの雄姿もみられたし、歌昇さん 種之助さんのお芝居も観られて

     

     幸四郎さん 魁春さんの 芸も堪能で来て

     

     なにしろ 播磨屋の皆様の息の合った舞台の流れが 爽快でありました。

     

     あと一日となって はや名残惜しく 来年が待ち遠しいという 水心であります。

     

     


    一幕観 俊寛・・・・・・・・・

    0

      JUGEMテーマ:歌舞伎

       

       本日 大播磨の俊寛 幕見してまいりました。

       

       うれしいことに 水心なじみの四階立ち見台からの観劇でありました。

       

       水心が 四階立ち見から見ることがうれしいのは、

       

       つまり 一幕見席も満員御礼であることであります。

       

       京屋さんの千鳥に心を打たれ

       

       又五郎さんの瀬尾が人間離れした悪の権化なありさまにおどろき、

       

       切合いの場面での 浄瑠璃にのせた所作ダテ しかと堪能させていただきました。

       

       舞台の仕掛けも素晴らしく あっというまの観劇でありました。

       

       今年の秀山祭も 素晴らしいと実感しております。

       


      歌舞伎座一幕観 松寿操り三番叟

      0

        JUGEMテーマ:歌舞伎

        JUGEMテーマ:家紋

         

         幸四郎さんの操り三番叟は初めてでありますが、

         

         染五郎さん時代の操り三番叟から数えると二回目!!!

         

         何回目 水心もようやく 何回目という語句を使えるようになってまいりました。

         

         人が 操り人形の動きを演じる演目で

         

         操る人役と 人形役と 実際にはない糸でつながって

         

         吊り上げられていないのに 上から引っ張られた動きする・・

         

         慣性の法則を 慣性の法則に逆らって 視覚的に再現し

         

         多くの関節をロックして 人形の構造を生身の人間で構築する・・・

         

         顔を お面のようにロックして 無表情で 表情を表現する・・・・

         

         操り三番叟を観たのは 三回目の水心でありますが、

         

         今回の感想としては 「厳粛」な 祈りの儀式 であることを感じたというところであります。

         

         吉之丞さんの後見もすばらしく 幸四郎さんの人形っぷりもすばらしく 音楽もすばらしくて

         

         また観に行きかねない 水心であります。

         

        四つ花菱

         

        揚羽蝶仮

         

         

         

         


        鬼揃紅葉狩 一幕観!!!!

        0

          JUGEMテーマ:家紋

          JUGEMテーマ:歌舞伎

           

           「鬼揃紅葉狩」 幕見してまいりました!!!!

           

           嬉しいことに水心のご指定の四階のお立ち台での観劇

           

           オペラグラス越しに見える一階席舞台そばの 桜吹雪の余韻・・・

           

           昂ぶりのある劇場の空気はとても好きであります。

           

           鬼揃紅葉狩は、何しろ音楽的に豪華な舞台で、

           

           お芝居の舞台音楽を存分に堪能しつつの素晴らしい演目で、

           

           水心は一時間の間 目と耳とが大忙しでありました。

           

           錦之介さんのかっこよさを改めて実感し、幸四郎さんの美しさと妖しさにぞくぞくさせられ

           

           東蔵さんと 思わず叫びそうになるほど驚かされた 玉太郎さんの 共演

           

           久々に見ることのできた 「米吉さん」 見るたびに美しくなる「児太郎さん」

           

           紀伊国屋の「宗之助さん」、怪しさたっぷりな「高麗蔵さん」と女形の役者さんたちの

           

           美しいながらも「化生のもの」な目つきも素晴らしく、

           

           立ち回りでの「隼人さん」のかっこよさは スケールアップしてる!感じでした。

           

           動く絵巻物のような 色彩美と

           

           普段のかぶきではあまり見ない要素を、あえて、ちりばめた趣向が水心にはつぼでした。

           

           皆々様も ぜひぜひ 歌舞伎座にいらして 鬼揃紅葉狩を 観ましょう

           

           


          愛と感動の千穐楽 幕観成功 竜虎!!!!

          0

            JUGEMテーマ:家紋

            JUGEMテーマ:歌舞伎

             

             新橋が一歩先 そして歌舞伎座と 

             

             一日のあいだに 二つの千穐楽を見届ける 愛と感動の一日でありました。

             

             ナルト歌舞伎は 本当にすばらしい舞台であったと

             

             見てきた自分と 見てきたお客様の様子から 断言できます。

             

             萬屋の隼人さんには 本当に感動したことを 白状してしまいます。

             

             もう一度 またいつか 歌舞伎座で ナルト歌舞伎が見られたらなぁ・・・

             

             

             竜虎 一幕観に成功いたしまして 染五郎さんと幸四郎さんの親子舞台を観ました。

             

             今日は 長男の十七歳の誕生日でもあり 父として息子を育てている水心

             

             親子で舞台に立ち 真剣勝負で演じる姿を今日見たことに とても心を打たれました。

             

             激しい動きと 静けさ との コントラストが 美しい演目で、

             

             染五郎さんと幸四郎さんとのリアルタイムな対話が伝わってくる臨場感に身震いを覚えたものであります。

            丸に三つ銀杏純金

            四つ花菱

             

             舞台の上では 後見さんの裃にて 三つ銀杏と 四つ花菱が輝いていました。

             

             今年の納涼歌舞伎 そして ナルト歌舞伎

             

             愛と絆とがいっぱいの 素晴らしいお芝居の日々でありました。 

             

             

             


            | 1/10PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM