千穐楽 素襖落一幕観

0

    JUGEMテーマ:歌舞伎

     

     あっというまに 十一月の千穐楽

     

     本日 素襖落を観てまいって、十六夜清心のみ見逃しとあいなりました。

     

     歌舞伎座の創設者である福地桜痴先生の演目ということで

     

     いくつか 何度か見たことのある十六夜清心よりも見るべしという判断で観てまいりました。

     

     松羽目の舞台も凛として 音楽も素晴らしく

     

     笑也さんの美しさ、團蔵さんのしぶさ 巳之助さん種之助さん、そして松緑さんの踊りの技術

     

     役者さん皆が 冴えて 際立つ 流れのあるお芝居構成 音楽と所作のシンクロ・・・

     

     

     幕藩体制時代には 武家政権のために設定された「格式」の壁に阻まれて

     

     自由な行き来のできなかった 能 や 狂言 などの 歌舞伎と根を共有する古典芸能が

     

     明治維新以降の時代の流れの中で、 歌舞伎と相まみえ その根をどう共有していたかを

     

     再度見出し 表現として舞台で表現した

     

     歌舞伎が 再度 その原点を掴み取り 新たな誕生をした

     

     そういう姿を感じました。

     

     確固たる技術あっての 境地としての自在な演技

     

     型をもっているからこそ可能になる 自由な表現・・・

     

     獲得して 体得して 自ら得たからこそ許される 斬新 奇抜 

     

     いいお芝居を観たと思います。

     

     


    歌舞伎座一幕観 お江戸土産!!!

    0

      JUGEMテーマ:歌舞伎

      JUGEMテーマ:家紋

       

       あまりに好評を耳にして 観なければなるまいと決意をして

       

       観たことの無い演目である お江戸土産を観てまいりました。

       

       越後獅子の兄弟をアクセントに

       

       地方からお江戸に商いをするためにやってきた旅人の姿を描くしぶい演目で、

       

       水心には 初めて見るタイプの舞台でありました。

       

       又五郎さんの女形は 初めて見たものでありましたが その表現力に感動!

       

       梅枝さんの男役は いつぞやの国立の髪結い新三以来でありましたが、とても色男で素晴らしい声!

       

       右近さんの娘ぶりも美しくかつ深みがあり 文字通りお芝居の花でありました。

       

       東蔵さんの継母がまたすばらしい 嫌な奴っぷりで、本当に「あくにん」と顔に描いてあるような顔!

       

       時蔵さんのおつじさんの 人情の機微は じっくりと響いてくる不思議さで・・・

       

       一瞬の輝きを放った情熱の花が 人生のすべてに 色彩を与えた様子を見た思いであります。

       

       宮地芝居の裏側を舞台背景に 人情の綾の織りなす心象模様を描いた いいお芝居でありました。

       

       みるべしであります。

       

       


      化けて出る…法界坊

      0

        JUGEMテーマ:歌舞伎

         

         なぜ 野分姫と 法界坊は化けて出たのか? それも 一体化して?

         

         と 人に問われて 「歌舞伎ならでわの荒唐無稽さであり、そうすると面白いから」

         

         という、あるいみ常套句としての返答以上のところを聞かれた気がして、

         

         必然性としての 人が化けて出る理由 日本人的な霊魂観に基づく亡霊・幽霊になる必然性は?

         

         改めて考えた水心でありました。

         

         このたび観た猿之助さん演じる法界坊は、おくみへの執着・恋慕が強く表現され、

         

         行動における判断基準が、一見無軌道にみえつつ、僧侶らしい?!求道的な一途さでおくみを求めており

         

         それ故に松若への憎しみやおくみへの無念が募る様がはっきりとあり、

         

         野分姫を殺してしまう際にも お姫様という価値への尊重や打算がそれほどなく、

         

         おくみへの執着ゆえに邪魔と感じててきぱきと始末する方向へ行動を開始し、

         

         野分姫が全身で松若への愛情を表現する様に、松若への憎しみが炎上して、

         

         結果的にありえないウソを使って野分姫までも松若を憎む同志的なものへと変貌させてしまっております。

         

         お家騒動だの忠義だのによって殺害された法界坊でありましたが、

         

         法界坊のおくみへの恋慕と松若への憎悪は、成仏など言語道断な松若とおくみへの「うらみ」となり、

         

         法界坊が化けて出る必然性が強く描写されていたと感じます。

         

         種之助さん演じる野分姫は、松若への一途で純粋な愛情がその行動の動機であり、判断基準でありましたが、

         

         おくみという想定外の存在がすべてを狂わせ、しかも法界坊の嘘を純粋に信じ込み

         

         死へと向かう走馬灯・断末魔のあいだにあらゆる感情と考えがおくみと松若への憎しみと無念とで一杯になり

         

         死という境目を超えたときに爆発的に「うらみ」に支配されたと感じられました。

         

         当然 成仏など言語道断でおくみと松若への「うらみ」ゆへに化けて出る必然が大いに発生しておりました。

         

         法界坊と 野分姫は 愛情の純度が高く 一途であり、 

         

         松若のもつ 入り組んだ背景や かかわりのある人物に対して 単純に「邪魔」と感じるところも共通しており

         

         おなじときに おなじ場所で殺害という最期を迎え おなじ相手を恨んで死んだことが

         

         合体して化けて出る必然となっているという筋道は わりあいにはっきり見えていると感じました。

         

         人と話をして 改めて考える機会をえて、

         

         観たお芝居の 場面一つ一つを思い返し、 役者さんたちの発したセリフや その際のしぐさや立ち位置

         

         その時きこえていた音楽や背景の演出を 一つ一つ思い返しながら あれこれと考えてみて

         

         歌舞伎の舞台って 本当にたくさんの工夫と仕掛けが詰まっているものだなぁと深く実感した水心でありました。

         

         それにしても 隼人さんをいじる猿之助さんの痛快さと荒唐無稽さはとても面白くて、

         

         笑い転げながら楽しみましたが、猿之助さんの愛情の深さや優しさも同時に感じられたものであります。

         

         舞台の上の役者さん皆に、「持ち味を発揮してお客様に受ける場面」がちりばめられていて

         

         弘太郎さんの芸達者ぶりや 歌六さんの貫禄、観るたびにスケールアップしている右近さんの美しさ

         

         見どころがありすぎて書き切れない舞台でありました。

         

         

         


        一幕観 河内山

        0

          JUGEMテーマ:歌舞伎

           

           河内山 幕観してまいりました。

           

           河内山宗俊という人物のありさまが

           

           質屋の店先でのやり取りの芝居でじわじわと伝わってきて

           

           出雲守の屋敷の場面の芝居で 家中に渦巻く不穏な情勢が見え隠れし

           

           宗俊扮する東叡山のおつかい僧がやってきたことで状況が一変しと

           

           一連の流れが 折り目正しくかつさくさくと進み

           

           いよいよ大播磨演じる宗俊の見せ場・・・・

           

           宗俊の目的は 質屋の娘を取り返すことで得られる二百両のお金であって、

           

           正義や 道理というわけでもないこともあって

           

           家中のあれこれをバッサリと脇にやって

           

           お殿様を相手にストレートに目的を達成すべく行動開始で、

           

           殿様をやり込めるにも 直球勝負な やりかたで、

           

           最短コースを突っ切って 目的達成の条件を固めてしまうさまが

           

           プロのゆすりなのか プロの官僚なのか それとも その両方?

           

           おそらくはその両方な存在が宗俊なのだなぁと感心しきり

           

           目的達成が見えてからは 少し優柔不断で、

           

           はやくその場から立ち去りたい様子も見せつつ

           

           「山吹色の・・・」と 言ってみたりと・・・

           

           時計の音が響いた瞬間からのあたふたにあらわれる

           

           完全アウェイであることを認識しつつの 刃の上を歩く仕事ぶりが面白く

           

           ことが露見してからの居直りの場面は 本当に傑作な景色で、

           

           宗俊は どうあっても 勝 な条件をもっていて それを皆が理解しているがために

           

           ほぼ全員が 「共犯者」になって 嘘を誠にすり替えるために一致団結!!

           

           最初出てきたときには 一番悪そうでずるそうに見えた人が 一番普通な人な振る舞いという

           

           まぁ 河竹黙阿弥という劇作家の素晴らしさを 改めて実感し

           

           吉右衛門さんの役者としての素晴らしさを 楽しむことが出来た 素晴らしい舞台でありました。

           

           米吉さんの雄姿もみられたし、歌昇さん 種之助さんのお芝居も観られて

           

           幸四郎さん 魁春さんの 芸も堪能で来て

           

           なにしろ 播磨屋の皆様の息の合った舞台の流れが 爽快でありました。

           

           あと一日となって はや名残惜しく 来年が待ち遠しいという 水心であります。

           

           


          一幕観 俊寛・・・・・・・・・

          0

            JUGEMテーマ:歌舞伎

             

             本日 大播磨の俊寛 幕見してまいりました。

             

             うれしいことに 水心なじみの四階立ち見台からの観劇でありました。

             

             水心が 四階立ち見から見ることがうれしいのは、

             

             つまり 一幕見席も満員御礼であることであります。

             

             京屋さんの千鳥に心を打たれ

             

             又五郎さんの瀬尾が人間離れした悪の権化なありさまにおどろき、

             

             切合いの場面での 浄瑠璃にのせた所作ダテ しかと堪能させていただきました。

             

             舞台の仕掛けも素晴らしく あっというまの観劇でありました。

             

             今年の秀山祭も 素晴らしいと実感しております。

             


            | 1/11PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM