うちの家紋が無い うずまき

0

    JUGEMテーマ:家紋

     

    「家の家紋は無い(怒)」、

    「家の家紋は無い(悲)」、

    「家の家紋は無い(誇)」

    というお客様と出会い、どのような家紋であるのかをお話しするのであります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    私どもは作れないと言って断ったことが一度もなく、

    作れなかった家紋が無い必ず作るものでありますので、

    大方の場合作ったことがある家紋であり、

    また想像がつく、推理がつく紋章でありますが・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    「ここでは家紋の意味と歴史をお話しします、興味のある家紋がありましたら是非尋ねてみてください。」(水心)

     

    「うちの家紋ってね、普通じゃないの。」(お客様)

     

    「普通ではないとは?一覧に記載がないような家紋ということでしょうか?」(水心)

     

    「ええ、うずまきなのよ!家紋が渦巻きなの・・嫁いだ先の家紋でね!びっくりでしょ?」(お客様)

     

    「なるほど 確かにびっくりですし 普通ではない・・ただ、歌舞伎には御縁のある家紋ですよ」(水心)

     

    「あら!そうなの意外ねぇ、そんな家紋ないって言われることもあったのよ?」(お客様)

     

    「確かにそういわれるほどに珍しい家紋ですが、今はある意味世界的な家紋です」(水心)

     

    「そんな風に言われても、実感ないわ?ほんとなの?」(お客様)

     

    「はい、歌舞伎の世界では坂東彦三郎さんの家紋として浮世絵などでも見ますよ」(水心)

     

    「あらそうなの?うれしいじゃないの」(お客様)

     

    「ええ、近年では週刊少年ジャンプに連載されていた世界的人気コミック「ナルト!」の主人公の家紋でして・・」(水心)

     

    「それはぞんじてないわ?世界中で人気の作品なの?」(お客様)

     

    「はい、歌舞伎にもなりましてね、巳之助さん隼人さんが素晴らしかったんですよ」(水心)

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     渦巻紋とは 本当に驚きましたし、 ある意味タイムリー

     

     六月京都に行きそうな水心 梅玉さんがうちはまだら!!!!!!!

     

     ナルト歌舞伎は素晴らしかったもので・・・・また観たいと思ってしまうのであります。

     

     

     

     


    やじろべえ

    0

      JUGEMテーマ:家紋

       

      「家の家紋は無い(怒)」、

      「家の家紋は無い(悲)」、

      「家の家紋は無い(誇)」

      というお客様と出会い、どのような家紋であるのかをお話しするのであります。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      私どもは作れないと言って断ったことが一度もなく、

      作れなかった家紋が無い必ず作るものでありますので、

      大方の場合作ったことがある家紋であり、

      また想像がつく、推理がつく紋章でありますが・・・・
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      「ふーん、家紋ねぇ・・・うちの家紋ってなんていうかその・・」(お客様)

       

      「お客様は、珍しい家紋をおつかいでありますか?」(水心)

       

      「ええ、名前だけ一応聞いてはいるんだけれども・・・」(お客様)

       

      「姿かたちがあいまいな感じですか?」(水心)

       

      「ええ、やじろべえ?って聞いていて・・・」(お客様)

       

      「!!!!やっやじろべえ?ですか」(水心)

       

      「そうなんです、やじろべえって聞いているのですが、その本当にあるのかなって・・」(お客様)

       

      「なるほど・・・家紋では、やじろべえの紋章がいちおう実在しております」(水心)

       

      「あるんですね?」(お客様)

       

      「はい、実在しておりまして、名称としては『豆蔵』という呼び名がついております」(水心)

       

      「豆蔵?」(お客様)

       

      「はい、伝説の軽業師『豆蔵』にちなむ名称で」(水心)

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

       驚愕の『豆蔵紋』のお客様との遭遇で、

       

       書き切れない 特殊な対話をしたものでありました。

       

       家紋の深さに改めて感動した水心であります。

       

       豆蔵紋も 水心のところでは受注可能でありますので、

       

       豆蔵紋のお客様は 御用の際にはぜひ歌舞伎座木挽町広場にいらしてください。 

       

       


      うちの家紋が無い うらじろ

      0

        JUGEMテーマ:家紋

         

         

        「家の家紋は無い(怒)」、

        「家の家紋は無い(悲)」、

        「家の家紋は無い(誇)」

        というお客様と出会い、どのような家紋であるのかをお話しするのであります。
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        私どもは作れないと言って断ったことが一度もなく、

        作れなかった家紋が無い必ず作るものでありますので、

        大方の場合作ったことがある家紋であり、

        また想像がつく、推理がつく紋章でありますが・・・・
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

        「うーーん、家紋ねぇ」(お客様)

         

        「はい、家紋を制作しております。お客様は珍しい家紋をおつかいで?」(水心)

         

        「そうなんだよ、この家紋ってわかるかななぁ?」(お客様スマホを出して画像をみせてくださる)

         

        「!!!こっこれは!『うらじろ』と称される・・・」(水心)

         

        「おぉっ!そうだ、うらじろと聞いた気がする・・」(お客様)

         

        「はい、うらじろとはシダの一種で、御幣としても用いられる清らかな心を表すも植物で・・・」(水心)

         

        「なるほど、そんな意味が?」(お客様)

         

        「はい、面白いところでは徳川家康公の兜の前立てに用いられた植物で・・」芥川様から注文いただく家紋であります。

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

         羊歯の家紋は、用いるお家の稀な家紋であり、時折呼び名が不明となることが発生する紋章であります。

         

         うらじろ紋 羊歯紋も 水心のところでは美しく正しく作ることが出来ますので、

         

         御用の方はぜひ歌舞伎座木挽町広場にいらしてください。

         

         


        うちの家紋が無い 「桐の角字」

        0

          JUGEMテーマ:家紋

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           一日に何度も

           「家の家紋は無い(怒)」、

           「家の家紋は無い(悲)」、

          「家の家紋は無い(誇)」

          というお客様と出会い、どのような家紋であるのかをお話しするのであります。

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

          私どもは作れないと言って断ったことが一度もなく、

          作れなかった家紋が無い必ず作るものでありますので、

          大方の場合作ったことがある家紋であり、また想像がつく、推理がつく紋章でありますが・・・・。

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「ここは 作れない家紋が無い、必ずつくるお店であります。」(水心)

           

          「うちの家紋ってね、珍しいって言われるのよ、」(お客様)

           

          「ほう、興味がありますね、呼び名は何と呼んでおりますもので?」(水心)

           

          「丸に桐の角字なのよ、珍しいでしょう?」(お客様)

           

          「はい、珍しいですが、なぜか今月に入って丸に角字のお客様と三度ほど遭遇しておりまして・・・」(水心)

           

          「あらそうなの?」(お客様)

           

          「はい、注文を受けるのは五年か三年に一度くらいで・・・」(水心)

           

          「じゃぁ珍しいのよね?」(お客様)

           

          「はい、とっても珍しいですよ、岡山や広島からの受注で作るもので・・・」(水心)

           

          「まぁ、自分も岡山に縁がある!びっくりね。」(お客様)

           

          「ええ、ひと月に何度もその名を聞いたのは初めてで、驚いておりますが・・・」(水心)

           

          「でも作れるのね?すごいわね!」(お客様)

           

          「はい、御用が出来ましたらいつでもいらしてください、必ず制作いたします。」(水心)

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          mkirinokakuji

           

           「丸に桐の角字紋」であります。桐という字が図形的に美しいので、

           

           角字になっても美しいです。

           

           


          うちの家紋が無い 剣木瓜

          0

            JUGEMテーマ:家紋

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

             一日に何度も

             「家の家紋は無い(怒)」、

             「家の家紋は無い(悲)」、

            「家の家紋は無い(誇)」

            というお客様と出会い、どのような家紋であるのかをお話しするのであります。

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            私どもは作れないと言って断ったことが一度もなく、

            作れなかった家紋が無い必ず作るものでありますので、

            大方の場合作ったことがある家紋であり、また想像がつく、推理がつく紋章でありますが・・・・。

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「ここは 作れない家紋が無い、必ずつくるお店であります。」(水心)

             

            「丸に剣木瓜ですが?ありますでしょうか?」(お客様)

             

            「!!はいっ、ここが歌舞伎座の門前でありますのでご用意がありますが・・」(水心)

             

            「あっ!ある!びっくりした・・・なんであるの?」(お客様)

             

            「この御紋章は真偽不明ながら江戸最初のやぐらを許された中村座草創の頃の人物の家紋と伝わので・・」(水心)

             

            「だれなのかしら?その人って?」(お客様)

             

            「はい、出雲阿国さんの旦那という伝説の方であります。」(水心)

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

             なぜか、珍しい「丸に剣木瓜紋」の方との遭遇が複数回あったりする今月でありまして、

             

             水心おどろいております。

             

            mkenmokkou

             

             


            | 1/39PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM