松川菱に「姫蔦」

0

    JUGEMテーマ:家紋

    JUGEMテーマ:歌舞伎

     

    「家紋のいわれをお話しします。」(水心)

     

    「松川菱に姫蔦・・・」(お客様)

     

    「はい・・・(右若さんに見えるけど・・)珍しい家紋をおつかいですね!」(水心)

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     松川菱紋と姫蔦紋の由緒を申し上げ、

     

     その二つが合わさる理由を説明し、

     

     そのあとで一応 役者紋として市川左団次さん等が

     

     松川菱と蔦の組み合わさった形を用いることを申し上げ

     

     今現在 お店に「松川菱に姫蔦」はお店にご用意のないことを申し上げました。

     

     小心者の水心 ついに右若さんですか?と切り出すこともできずに応対を終え

     

     右若さんなら師匠は右團次さん・・・・左団次さんのほうを申し上げてしまった!

     

     高島屋さんも 高嶋屋さんも 松川菱に鬼蔦をもちいておられるし・・・

     

     きしょうさん・・じゃなかったうじゃくさんは女形さんだから鬼蔦じゃなくて姫蔦なのか?

     

     いやまてよ 水心の目の錯覚では・・・

     

     結局なぞが謎のままで いろいろがぐるぐるでくるくるなまま

     

     うーーーーん 今日お会いした松川菱に姫蔦の方はいったいどなたであったのだろうかと

     

     いつかどうにか確認したいものであります。

     

    松川菱に姫蔦

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM