六月へ

0

    JUGEMテーマ:歌舞伎

    agehatyou

     

     今日の歌舞伎座正面には 鳥居清光さんの看板絵も並んで、

     

     いよいよ六月のお芝居への期待が膨らむものであります。

     

     この六月は あの中村米吉氏が歌舞伎座に還ってきますから、

     

     米吉氏の傾城をみられることを切に祈る水心であります。

     

     演目としては 「三笠山御殿」や「野晒吾助」が特に好きな演目で、

     

     松緑さんの金輪五郎や「新吾」さんの「橘姫」が観たいなぁと・・・

     

     まぁ観たい話にはキリが無いものでありますし、

     

     水心の第一の役目は 歌舞伎座木挽町広場でお客様をお迎えし、

     

     お芝居気分を盛り上げ、心に残る思い出とともにお見送りすることでありますから、

     

     お芝居を踏まえての 応対接客のために しっかり支度にかかります。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM