一幕観 野晒吾助

0

    JUGEMテーマ:歌舞伎

     

     上演稀な演目ということで、 何とか見ようと頑張って、

     

     ようやく幕見に成功いたしました。

     

     上演がまれな演目となる理由も確かに実感しましたが、

     

     しっかりとセルフでネタバレをして、みせば みどころを 予習して観ると

     

     これほど面白い演目もないという程楽しめると感じました。

     

     米吉さんと児太郎さんの 対称的な娘のあり方とその演じ方がとても素晴らしく

     

     また 娘たちの親を演じる 家橘さん 東蔵さん の親心の表現が 

     

     滑稽でもあり 真剣そのものでもあり、 深さと 強さを感じる演技で

     

     菊五郎さんと左団次さんの演技や技術を存分に堪能させていただきました。

     

     それにしても 河竹黙阿弥先生は素晴らしいです。

     

     

     水心的な経験値として 歌舞伎は、 とにかくセルフで徹底ネタバレして、

     

     観たいところを 数多く用意してみるのが お薦めかなぁと思い始めております。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM